コンセプトよりも絵の世界観と完成度の高さを重視する理由?


こんにちは!

ファッション絵師の
Shingoです。
 
絵を描くのに
コンセプトって
そんなに重要ですか?
 

?
 
私は趣味で絵を描き始めた
学生の頃から現在に至るま
で自分が描く絵のコンセプ
トに付いて深く考える事は
してきませんでした。
 
picture
 
 
なぜなら…
 
 
picture
 
私にとっての絵を描く行為
は何も特別な事ではなかっ
たからです。
 
絵描き
 
絵を描くという行為が
お腹が空いたからご飯を
食べたり喉が渇いたから
水を飲んだりする事と何ら
変わらないからです。
 
 
私はコンセプトありきで
絵を描いているのではあり
ません。
 
絵描き
 
単純に絵を描かずには
いられないだけなのです。
 
 
そこに深いコンセプトは
存在しません。
 
石田真吾
 
仮に絵のコンセプトを他者
から求められて頭をひねり
探り出し言葉や文章に置き
換えてみた所で、それは
真実味に欠けた嘘臭い説明
分や言葉でしかないのです。
 
ニューヨーク
 
世界の現代アート市場で
1人の日本人アーティスト
として絵で勝負したいのな
らコンセプト重視の考え方
が必要になってきますが
どうも私には今一しっくり
とこないのです。
 
picture
 
私が絵を描く上で重視して
いるのは独自の世界観を
表現する事と絵の完成度の
追求です。
 
 
コンセプトよりも絵の世界
観と完成度の追求を重視す
る理由をお伝えします。
 
 
それでは早速
見て行きましょう。
 
 
 

「独創的な世界観が絵の最大の武器!?」

自分にしか絶対に描けない
独創的な世界観を絵で表現
出来る事が画家の最大の
武器です。
 
picture
 
画家の関連記事を以下に
投稿しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
出会いが画家になる
きっかけ!
 
 
自分が表現する絵にどんな
ストーリーがあるのか?
 
モチーフに何を描くのか?
 
 
picture
 
心の中にある空想の世界を
思い浮かべながら描き進め
て行く創作は画家にとって
何者にも縛られない自由
になれる特別な時間です。
 
自由
 
これからも絵を描き続ける
事で独創的な世界観を追求
して行きます。
 
 
 

「絵の完成度の高さが説得力と価値を生み出す!?」

私が絵を描く上で重視して
いるのは世界観の追求と絵
の完成度の高さです。
 
picture
 
完成度が高い絵とは
巧い絵の事です。
 
picture
 
私が画家になる決意をして
から始めたのが絵の基礎で
ある鉛筆デッサンです。
 
鉛筆デッサン
 
画家の関連記事を以下に
投稿しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
た3つの泥沼エピソード?
 
 
鉛筆デッサンをする事で
基本的な光と影の描き方を
技術として会得出来ます。
 
picture
 
デッサン力をつけておけば
どんな画材を使って絵を
描いたとしても立体感の
ある巧い絵を描く事が
出来るのです。
 
 
完成度の高い絵には技術に
裏打ちされた確かな絵の
巧さによる説得力がありま
す。
 
 
説得力のある巧い絵には
人を魅了する力が宿ります。
 
 
そして、その魅力が
金銭的価値を生み出すので
す。
 
picture
 
私はコンセプトありきで
絵を描くのではなく独自の
世界観と完成度の高さを
追求した表現をこれからも
ファッション絵師・
Shingoとして続けて
いきます。
 
 
 
私にとってのコンセプトと
は…
 
 
 
絵を描かずにはいられない
から描く!
 
 
 
ただそれだけの事なのです。
 
 

SNSでもご購読できます。