ポストカード1枚¥1,200で売れる理由とライスワーク?


こんにちは!
 
ファッション絵師の
Shingoです。
 
 
将来お金持ちになりたい!
 
お金をたくさん稼ぎたい!
 
仕事は何をしているの?
 
年収は?
 
稼げるの?
 
儲かるの?
 
それで食っていけるんだ?

 
 
私はそんなお金の話
どうしても好きに
なれませんでした。
 
お金
 
でも生きていく為には
お金が必要だから…
 
葛藤
 
絵師としてアート活動で
食っていくためには
一体どうすればいいのか?
 
ライスワーク
 
私が期間限定プロジェクト
の小商いにて学んだ
食うためのライスワーク
をお伝えします。
 
 
 

「ポストカード1枚・¥1,200でも売れる理由?」

私が福岡にて小商いを
していた時ARTショップ
&ギャラリーとして
ポストカード
販売していました。
 
小商い
 
出店当初は
値段の事を深く考えず
何となく1枚・¥500
販売する事にしました。
 
小商い
 
商売素人だった私は
自身が付けた値段に
何の疑問も持たず
そのままの値段で
販売し続けていました。
 
しかし、そんなある日
同じプロジェクトメンバー
が商品の値段に対し
こう言ったのです。
 
 
ポストカード
1枚・¥500では
安すぎる!
 
石田真吾
 
この絵なら
もっと値段を上げても
絶対に売れる!
 
 
私の概念では、それまで
ポストカード1枚の
販売価格の相場は
¥500でした。
 
 
それ以上だと
高くて誰も買わないんじゃ
ないかという
勝手な思い込み
あったのです。
 
 
その後、検討した結果
1枚・¥1,000へと
値上げして販売しました。
 
 
すると1枚・¥500で
販売していた時と変わらず
売れていったのです。
 
 
正直、驚きました。
 
 
もちろん、私が店頭にて
原画を描くパフォーマンス
と共に絵の世界観の説明を
お客さんにした事も売れた
理由ではあると思います。
 
石田真吾
 
これ以後
もう少し値上げして
ポストカード
1枚・¥1,200にて
販売を続けました。
 
 
それでも売れたのです。
 
 
私がポストカード1枚
¥1,200で売れた理由
を挙げるならば…
 
 
・ポストカードの原画を
 実演にてお客さんに
 見てもらう事で
 興味を持ってもらえた!
 
・絵の世界観を
 作家自ら説明する事で
 お客さんの心を引き込み
 購買意欲を与えた!
 
・確かな絵の力と世界観が
 あれば高値を付けて販売
 しても欲しい人は買う!
 
 
恐らく無人での委託販売に
頼っていたならば
この値段では売れなかった
でしょう。
 
 
私は自分の勝手な思い込み
が物事を停滞させている
原因であったとこの時に
気付かされたのです。
 
 
 

「小商いで食っていくためのライスワークとは!?」

私はある時
これまでの自身の生き方に
対する価値観や考え方
疑問を抱くように
なりました。
 
石田真吾
 
なぜならそれは
心に響く助言
プロジェクトメンバーから
受けたからです。
 
 
小商いをして食っていく
ためのライスワークを
考えた上で商品の値段を
決めたり仕事の幅を広げて
いく事が大切なんだよ!
 
ライスワーク
 
ライスワーク?
 
 
それは…
 
ライスワーク
 
ご飯を食べていくための
仕事
 
 
私が一人暮らしにて
1ヶ月に必要な
全ての生活費を仮に
¥130,000だったと
しましょう。
 
 
ポストカード
1枚・¥1,200
 
ポストカードのみの販売で
計算すると
109枚 ・¥130,800
 
 
これだけの枚数を毎月
売り続けなければ
生活が立ち行かなくなる
計算です。
 
石田真吾
 
これまでのアート一辺倒
だった自身の生き方に
終止符を打ち
ライスワークのための
セルフプロモーションを
実践しないと先が無いと
悟ったのです。
 
 

SNSでもご購読できます。